山口県医師会生涯研修セミナー


に参加しました.特別講演2では,終末期を迎えて「あなたがして欲しくないことは私にもしないで」.無理な延命治療は倫理に反する治療であると家族と医師が認識する.終末期には針を使わない治療を希望する.それは現代の諸外国と50年前の日本ではあたりまえであったこと.等自身の経験を振り返り大変感銘を受けました.


投稿者